NEWS

2022.06.22

AKB48天下一HADO会の応援ルール

AKB48天下一HADO会の応援システムについてご説明します。

まずはこちらの動画をご覧ください。

「AKB48天下一HADO会の応援システム」では、2つの応援方法があります。

1. Wow Liveアプリで 無料で利用できる「エナジーギフト」を贈ってパラメータを決定

2.  会場に来場頂いたお客様の投票によって使用できる「スキル」

 

1. エナジーギフトについて

 

応援ユーザーは毎回の応援スタート時に無料で100ずつ配布される「エナジー」を使い、プレーヤーの4つのパラメータを上げるギフトを贈る事ができます。パラメータはプレーヤーが決めるのではなく、応援ユーザーによって決定されます。

応援してくれる応援ユーザーが多ければ多いほど、そのパラメータは強化され、試合で有利に戦うことができます。また、プレーヤーが得意なパラメータを強化するためには、応援ユーザーが連携して協力し一つのパラメータに集中して強化する必要があります。

エナジーギフトには、スピード・サイズ・弾数・シールドの4種類にそれぞれ小・大があります。「小」は10エナジー消費でギフト1個分「大」は140エナジー消費でギフト25個分です。大を使用するには1回のエナジー配布(100)では足りないため、2回分のエナジー配布を溜めないといけません。そのため、「いつ、何のエナジーギフトを贈るか」ということも戦略になってきます。

応援ユーザーから送られたエナジーギフトの合計個数が閾値に達するとパラメーターがレベルアップします。100個でレベル2、500個でレベル3・・という具合です。(例えば、小のギフトを100回分、もしくは大のギフトを4回分贈るとレベル2になります)

通常のHADOとは異なり、6パラメータUPが上限ではなく、全てのパラメータを5にすることができます。

1試合(3ゲーム)の間においてユーザーに付与されるエナジー、プレーヤーに贈られたパラメータ値は集計タイミングでリセットされず蓄積されます。第3ゲーム終了時に全てリセットされます。

重要ポイント:応援ユーザーの数と連携力

 

 

2. スキルについて

 

各試合3ゲーム前に実施されるボール応援タイムにて、会場で5つのボールで投票することで、集めたボールの数によってチームに「スキル」を与えることができます。
「スキル」は1試合に一度3ゲームに一人一つまで装備することができます。
「スキル」には、一定時間巨大なエナジーボールが撃てたり、CRITICALヒットで一気に10点入るなど、様々な種類があり、「スキル」を駆使することで、一発逆転も可能です。

特殊スキルは、5段階のグレードに分かれており、それぞれ必要応援ポイント数が異なります。

 

重要ポイント:ボールの集計数及び、プレーヤーによるスキルの選び方

 

 

 

 

 

試合のフロー

 

毎回の応援スタート時に100エナジー配布し、エナジーギフトを受け付けます。

そして集計時にパラメータを更新し、第3ゲーム終了時までユーザーのエナジー、プレーヤーのパラメータ値と応援ポイントはリセットされず、蓄積されます。

各試合の第3ゲーム開始前には、ボール応援タイムがございます。

ボール応援タイムで集めたボールの数により、3ゲーム目にスキルを使用することができます。

スキルを使用できるのは3ゲーム目のみとなり、投票数は次の試合に持ち越す事はできません。