TECHNOLOGY × SPORTS ARの新スポーツを日本全国へ拡大!!サッカーを超える次世代のスポーツの未来を一緒に作りませんか?TECHNOLOGY × SPORTS ARの新スポーツを日本全国へ拡大!!サッカーを超える次世代のスポーツの未来を一緒に作りませんか?

省スペース(20坪〜)でプレイでき、既存施設のデットスペースや低コストで複数コートを要する専門施設の展開が可能です。
「HADO」はテクノロジーとスポーツを掛け合わせた、これまでにない日本発のスポーツ競技です。

オフィスでHADO。法人向け出張サービス実施

ARスポーツの世界へようこそ

“HADO”とは、

頭にHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と腕にアームセンサーを付け、自由にフィールドを動き回りながら、現実空間で技や魔法を発動させる未来のスポーツです。

  1. ①専門施設の展開

    複数のプレイコートを擁する専門施設の展開をご検討中の方はこちら

  2. ②遊休スペース有効活用

    収益化できていないデットスペースや稼動の低いコンテンツのリニューアルをご検討中の方はこちら

世界23カ国52箇所へ展開。
述べ130万人以上が体験。

日本だけにとどまらず、世界各国様々の都市に
展開しプレイヤーが増え続けています。

世界最大級・高額報酬のARスポーツの世界大会を開催

2018年のシーズンは年間総額1,280万円の高額報酬をかけた大会を実施しております。 2019年はさらに規模を拡大して開催予定!

メディア掲載実績

他、100 媒体以上の各種メディア掲載いただいております。

HADOの3つの強み

  • 運動神経・年齢関係なく楽しめます。

    HADOはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)、アームセンサーを装着するだけですべての世代が楽しめるスポーツです。
    テクノロジーを駆使したスポーツだからこそ、運動が苦手な方や筋力の低い方でも楽しめるよう身体能力と戦略のバランスを調整しています。昨年実施された世界大会の入賞チームも男女混合のチームがほとんどです。

  • 多くの人を魅了する深い競技性。

    戦略性が高まるパラメーター設定
    継続的にプレイを楽しめるように、パラメーターなどのギミックが用意されています。 1~3人対戦(最大プレイ人数:6人)それぞれの面白さが隠れています。
    専用アプリケーションとの連携
    試合のプレイデータが専用アプリケーションに保存され、プレイデータの振り返りや分析ができます。他にもHADOのプレイ回数や大会の成績に応じてアチーブメントが配布される機能などがあります。
    公式大会の開催、ランキング制度
    シーズン中はプレイヤーの実力に応じたランク別の公式大会をほぼ毎週末実施しています。大会の成績に応じて、ポイントがが付与され、獲得ポイント順でランキングがつけられます。
    他にもHADOのプレイ回数や大会の成績に応じてアチーブメントが配布される機能などがあります。
  • 高い収益性

    HADOは既存のリアルスポーツと比較して省スペースで展開可能で収益性はテニスや
    フットサルの3~9倍を見込むことができます。

    • テニス

      最大プレイ人数
      4人(2対2)
      コートサイズ
      23.77m×10.97m

      面積(㎡)
      260.7㎡
      坪面積
      78.8坪
      プレイヤー1人あたり坪数
      19.7坪
    • フットサル

      最大プレイ人数
      10人(5対5)
      コートサイズ
       最小25m×15m
      最大42m×25m
      面積(㎡)
      375~1,050㎡
      坪面積
      113.4~317.6坪
      プレイヤー1人あたり坪数
      11.3~31.7坪
    • HADO

      最大プレイ人数
      6人(3対3)
      コートサイズ
      6m×10m

      面積(㎡)
      60㎡
      坪面積
      18.15坪
      プレイヤー1人あたり坪数
      3.025坪

①専門施設の展開

複数のプレイコートを擁する専門施設の展開

導入事例

導入施設
THE 3RDPLANET
施設ジャンル
ショッピングセンター内のアミューズメント施設
導入地域
神奈川県横浜市
導入コンテンツ
HADO(最大3対3)2コート
導入の目的
アミューズメント施設の増床に伴うリニューアルの新規常設コンテンツとして導入

②遊休スペース有効活用

収益化できていないデットスペースや稼動の低いコンテンツのリニューアル

  • デットスペース活用
  • 既存コンテンツのリニューアル

導入事例

導入施設
フットサルポイント 両国Fコート
施設ジャンル
フットサルコート専門施設(1コート)
導入地域
東京都墨田区
導入コンテンツ
HADO(最大3対3)1コート
導入の目的
元々倉庫スペースとして利用していたスペースを常設HADOコートとして導入
  • 料金形態

    項目 UNIT
    イニシャルコスト
    a コンテンツパッケージ(機材含む) 240万円 → 0円(無償レンタル)
    b 設置及びレクチャー費用 都度見積もりとなります。
    ランニングコスト
    a レベニューシェア 支払い グロス売上を「導⼊事業者様 60% meleap40%(MG10万円)」で按分
    ※3コート以上のご契約で、1コートあたりの月額料金をMG10万円/⽉のみとさせて戴きます。
    導入条件
    a 運営スタッフ 常時1名以上(受付/料⾦受領 兼務)
    b コートサイズ 10m x 6m (天高2.7m以上)※機材置き場や待機スペースなどが別途必要となります。
    c 付帯設備 シャワールームおよびロッカー等の設備の設置をお願いします。
    d 運営形態 常設コンテンツとして運営をお願いします。
    e 売上管理 券売機等 ※売上報告⽉1回
    f 最低利⽤期間 2年間 ※3年⽬以降は1年毎に⾃動延⻑⽅式
  • 月次収支イメージ

    1コート
    (30坪)

    3コート
    (130坪)

    6コート
    (250坪)

    売上
    HADOプレイ料金¥960,000¥2,880,000¥5,760,000
    売上原価
    ロイヤリティー¥384,000¥300,000¥600,000
    粗利¥576,000¥2,580,000¥5,160,000
    販管費
    宣伝広告費¥48,000¥144,000¥288,000
    人件費¥0¥360,000¥720,000
    地代家賃¥0¥1,040,000¥2,000,000
    減価償却費¥0¥216,667¥416,667
    通信費¥3,000¥3,000¥3,000
    水道光熱費¥28,800¥86,400¥172,800
    その他¥19,200¥57,600¥115,200
    販管費合計¥99,000¥1,907,667¥3,715,667
    営業利益¥477,000¥672,333¥1,444,333
    1〜2コートの場合デットスペースでの利用、既存人員での運営を想定しているため、人件費・家賃のコスト・内装費を〇円として試算しております。