2021.12.03

公共施設へ全国「初」導入となる和光市広沢複合施設「わぴあ」内和光市総合児童センターのHADOがいよいよ12月4日より稼働開始!

全国初の公共施設への導入となる和光市広沢複合施設「わぴあ」内総合児童センターのHADOの稼働が12月4日より始まる。

Share

株式会社meleap(所在地:東京都千代田区、CEO:福田 浩士)は、全国で初の事例として公共施設での導入となる和光市広沢複合施設「わぴあ」内総合児童センターにPFI和光市広沢株式会社が事業を行うHADOが2021年12月4日(土)にオープンすることをお知らせいたします。

HADOは和光市総合児童センター内の多目的空間「シアターアリーナ」に設置され、9時~19時までは中高生は無料で利用でき、今後夜間は、一般の方も含め有料でご利用いただける予定です。

オープニングイベント開催

12月4日にはオープニングイベントの開催も予定されておりHADO SUMMER CUP 2021で優勝し現在HADO日本ランキング第2位の「ラレップ.ch」の選手たちがデモンストレーションを行います。

オープンニングイベント内ではより多くの方にHADOを知ってもらうため未経験者向けの体験イベントも実施予定となっています。

・和光市広沢複合施設「わぴあ」ホームページ
https://wapia.jp/

施設概要

■施設名称:和光市広沢複合施設「わぴあ」内総合児童センター
■利用開始日:2021年12月4日(土)
■住所:埼玉県和光市広沢1−5−54
※その他詳細は施設ホームページにてご確認ください

Share

RELATED POST